So-net無料ブログ作成
検索選択

ネイル検定2級の合格率推移 [●合格率推移]

ネイル検定3級の時は、
勉強もそこそこで受かったと思いますが、
ネイル検定2級になるとかなり合格率も落ちます。

しっかり勉強している方だけが受かるという感じですよね。

というのもやはりお金をもらえるのか?
という事を念頭におかれた基準になっていますからね。


数年の合格率をお伝えしますので、
受ける前に心構えをしっかいしましょう。



一般的な合格率



●前回2014年春期検定試験

受験者数 10,274名
合格者数  1,242名
合格率    37.7%

となっています。
ちなみに3級の合格率は
72.3%ですので、
約半分になっています。

3級の時と同じ気持ちで受けていたら
普通に落ちてしましますので気をつけましょう。



●今までの累計受験者数と合格者数推移

1997年〜2013年
受験者数 196,812名 
合格者数 78,728名
合格率    40.0%

*JNEC、HP参照


2級合格率推移
2013年秋期 36.8%
2013年春期 37.6%
2012年秋期 35.0%
2012年春期 34.5%
2011年秋期 35.0%
2011年春期 41.3%
2010年秋期 42.1%
2010年春期 48.1%
2009年秋期 50.5%
2009年春期 37.2%
2008年秋期 39.4%
2008年春期 36.2%




過去には50%を超えている時もあったんです。
そのころに受けていれば今よりもかなり合格率はよかったですね。

現状は受験者数がかなり多くなって来た事もあり、
簡単には受からないようになってきています。

今後もさらに難しくなって行く事も予想されますので、
取れる時に早めに取っておきましょう!



◆プチ情報◆

過去に20%を切った事があったらしく、
その時の試験官だった先生方は怒られたという話があります。

本当かどうかはわからないので
単なる都市伝説かもしれないですが。。

もし本当なら先生達も大変ですね。




ネイルスクールの合格率





ネイルスクールでHPなどに表示してある合格率には、
惑わされないようにしましょう!


たまに
ネイル検定2級合格率100%
って書いてあるところありますよね?

あれは、いろんなカラクリがあります。
なので、あまりにも一般合格率とかけ離れているところは逆に気をつけた方がいいでしょう。


というにも、日本の表示法の問題なのですが、
100%の下に小さい文字で
注意書きを書いて良い事になっています。


たとえば
「*学校規定による」
「*授業終了者のみ」

などなど


要は学校独自に、
規定をつくり、
その中で何パーセントなのかということが明記できるようになっています。


なので、
100%といっても、
実際に学校では、
受験している生徒はたくさんいる場合があります。
でもカウント学校独自の規定によりカウントされていない事があるのです。


またこういうケースもあります。


受験レベルに到達していない生徒は受ける事すら許されない。
個人としては何回でも受ける事が許されていますが、
学校の合格率に関わるので、
受けてほしくない生徒は受けさせてないという学校も存在します。


なので、みかけの数字には惑わされない事が大事です。



結局、検定に受かるか受からないかは
どこの学校に行くかというよりも
どれだけ練習時間を取るかという本人の意思の問題です。


ですので、そういう意味では
認定校に通っていればどこでも確実に検定は取得できるでしょう。


ぜひ一発で受かるようにがんばりましょう!




ちなみに筆記で落ちる人はなかなかいません。
というのも過去問と似たような内容がでますので、
ここからしっかりと予習しておけば確実に大丈夫です。
絶対に筆記で落ちる事は内容にしてください。



3級〜1級の過去問になっているので、
今後も使いますので、
まずもっていたい一冊です。











スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。