So-net無料ブログ作成
●ネイリスト技能検定について ブログトップ

ネイリスト技能検定の必要性について [●ネイリスト技能検定について]

ネイリストになるための資格っていくつかありますが
「どういった位置づけなのか?」
「実際は何をどこまでとったら良いのかよくわからない。」
「必要なのか?」
といった声を良く聞きます。

実際に検定の目的と、必要性についてお伝えします。

*あくまで個人的な見解ですので、参考程度にしてください。


ネイル検定の必要性



Q, ネイル検定は持っていた方がいいのでしょうか?

ネイリストになろうと思った時に、
まずは「検定を取ろう!」
って思う方が多いと思います。


実際に検定は必要なのか?
ということがあげられますが、
実際はどうなのでしょうか??


答えは
持っていた方がいい
というのが私の考え方です。


というのもネイリスト自体は、
免許制ではありません。


*美容師さんの場合は、
髪の毛を切るという行為自体が法律でも定められている事もあり
絶対に持っていなくては仕事ができない免許制になっています。


これはまつげエクステンションもそうです。
*アイリストさんの場合
こちらも美容師免許を持っていないと仕事をすることができません。


そう考えるとネイリストは
「技術さえあればネイリストをする事が出来ます」


では一体資格は必要なのでしょうか??


○日本ネイリスト協会としての見解
ネイリストとしての正しい技術と知識の向上を目的とした実践に役立つ試験としています。

○一般ネイルサロンからの見解
うまい下手の基準がわからないので、
まずは「ものさし」としてネイリスト検定を取得している人から雇います。
というのが一般的です。


つまり、
もっと噛み砕いてわかりやすくいうと、


「なくても自分でやっていくことは構わないけど、
外で働くにあたっては、
資格がないと雇ってくれるところが少ないですよ」


ということですね。


事実持っていないと、
何をもってうまいとするかが非常にあいまいになります。


技術があるなら、検定もとれるでしょ??
という事です。


なので取っていないなら取っていない事に関して
ちゃんと理由を説明しなくてはいけなくなります。


例えば・・・
「海外でネイルを勉強していたので、日本での検定は持っていないんですよね。
でも海外のコンテストでも受賞しているので技術はあります」
などしっかりとした理由があれば認めてくれると思います。


あとは就職ではなく、ただおうちでやりたいという場合も同様に
なくても問題はないかもしれませんね。



ネイルに関する検定の種類



Q, 実際いくつか検定の種類や団体もありますが、 実際どうすればよいのでしょうか??

●JNECネイリスト技能検定
●JNAジェルネイル技能検定
●INAネイルスペシャリスト検定



JNECとJNAはざっくり同じと考えてください。
*細かく言うと違うはあるのですが、後ほど細かく説明しますね。


なのでJNAかINAとう構図になる訳ですが、
要は団体の違いです。


現状規模や認知度から言うと確実にJNAですので、
●JNECネイリスト技能検定と
●JNAジェルネイル技能検定を
取得してください。


そして各検定級の違い。


◆ネイル検定は3級[→]2級[→]1級
◆ジェル検定は初級[→]中級[→]上級

とステップアップがあります。

一般的に
◆3級と初級は
・・・趣味の資格

これをもっているからといって、
ネイリストとして胸を張るのはちょっと早いですね。

◆2級と中級は
・・・就職条件の資格

これを持っていてようやく外部に出れるといったところでしょうか。
なので基準もお金をもらえますか?
という事なのです。

◆1級と上級は
・・・プロの資格

長さを出す技術が入ってくるので
お客様のあらゆる要望に応える事ができます。


なので、まずは2級と中級はしっかり取得できるようにすることが
ネイリストへの最初の目標となります。


そしてネイル検定2級となると
合格率もかなり下がりますので、
しっかりとした勉強と知識が必要になりますので、
ちゃんと勉強しましょう。


●ネイリスト技能検定について ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。